読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系エンジニアの備忘録

文系ですがエンジニアです。

BeatsX買ってみた

BeatsXとはなんぞや

久しぶりの更新ですが、表題の通りAppleより本日発売のBeatsXを購入してきました。

BeatsXとは、と書くと長々なってしまうのでリンク先の説明を読んでみてください。
要は技術的にはBluetoothイヤホンの類なんだけど、Apple渾身のW1チップ搭載によりApple製品との親和性がむちゃくちゃよくって、なんならiPhoneに近づけるだけで接続まで終わって他の機器にはiCloud経由で設定が同期されますよっていう便利なワイヤレスイヤホンなのです。(早口)

www.apple.com

現在、ホワイト、ブラックは6週間
まだ発売されていないブルー、グレイは2、3週間となっていますが本日17時頃まではホワイト、ブラックに関しては在庫があって運良く近くのApple Storeでの当日受取が可能でしたので発売当日に入手することができたというわけです。

開封の儀

私はたくさんのApple製品を持っていますが、Beats製品は初めてなのでちょっとわくわくしました。

まずは外観

f:id:kuwwta:20170210202816j:plainf:id:kuwwta:20170210202905j:plain
他のApple製品のように真っ白な化粧箱に輝くBeatsマークですね〜
一瞬どこから開けるか迷ってしまいますが、よく見ると↓
f:id:kuwwta:20170210202915j:plain

矢印が有りました。

矢印を引っ張って現れたプルタブを上に引くと、、、、

f:id:kuwwta:20170210202951j:plain

お目見えです!!
パット見は普通のBluetoothイヤホンですがこの中に最新技術がつまっていると想像するとわくわくしますね。

内容物

本体が収まった紙製のケースをどけると下には各サイズのイヤーパッドが収められています。

f:id:kuwwta:20170210203105j:plain

イヤーパッドは4種類!耳掛けも付属しています。

そしてこれを裏返すとLightningケーブルと専用キャリングケースがお目見えです。

f:id:kuwwta:20170210203028j:plain

そうなんです!
なんとこのBeatsX、Lightningケーブルで充電なのです!
さすがはApple謹製といったところでしょうか。
持ち運ぶケーブルをまとめられるのはうれしいですもんね。

そしてこの付属のLightningケーブル、しっかりBeatsマーク入りです。
これだけでも結構嬉しかったり?

最後に

さて、今回は写真もりもりで開封の儀をお送りしましたが、まだ使ってないのでしばらく使ってみてまたレビュー編をお届けできればと思います〜

最後までありがとうございました。